あく洗い

天然木材は経年劣化により、素材表面に木材内部から樹液分やあくがにじみ出てきます。
そして劣化が進むと、これが紫外線などにより濃い飴色のようなすすけた汚れになってしまいます。
浴びてきた紫外線をリセットし、木部独特の染み込んだ汚れを取り除く工程が「あく洗い」。
単に黒ずんだ木材が明るい色合いを取り戻すだけでなく、つやを出すためにも使われる方法です。

また松尾美装商会では、神社仏閣のあく洗いも承っています。
神社仏閣は、現代の木造住宅とは異なり、露出している木材部分が多いのが特徴。
雨風にさらされますし、漂う線香の煙も黒ずみの原因のひとつでしょう。
そんな黒ずみなどの汚れも、あく洗いを行い美しさをキープしましょう。
現地調査・お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

あく洗いの工程

一口に「あく洗い」と表現しますが、その内容は「あく洗い」「シミ抜き」「日焼け落とし」「かび落とし」と、それぞれの汚れに応じて薬品を替えおこないます。

1.あく洗い

まずはじめにもっとも頑固な汚れを取り除く作業を行っていきます。
過酸化水素水を主成分とした薬品を、硬めの刷毛で擦りながら塗布し、しばらく放置。
汚れが浮き出てきたところを確認し、水だけをつけた刷毛で洗い流します。
この工程がもっとも重要で、この時点で汚れを残してしまうと、後々まで残ってしまいます。
ですので、必要に応じ研磨剤等を使用しながら、繰り返し(2~3回)入念に行います。

2.シミ抜き

あくを取り除いた後、落ち切らなかった「シミ」と「シミの素」を取り除くため、専用の薬品を、同じように刷毛で塗布。
この工程は、洗い流すといった作業ではなく、薬品によって化学反応を起こさせて消す作業のため、「あく洗い」の時より柔らかい刷毛を使用し、薬品を染み込ませるように塗っていきます。

3.漂白

この段階になると、汚れは除去されていますが、紫外線による「日焼け」が残っているため、薬品を替えて漂白をおこないます。
またこの薬品は「シミ抜き」で使用した薬品を中和するため、日焼けがない場合でもおこないます。

4.修正洗い・薬品拭き取り

木に残っている薬品をしっかり拭取り、研磨剤を使用しながら余分な黒ずみを取り除き完成です。

5.木材保護塗料仕上

「あく洗い」完成後、特に外部木部に関しては、このままの状態ですと、木肌がそのまま外気に接している状態になってしまうので、最後に木の美しさをできる限り長く保つように木材保護塗料を塗装(2回塗り)して完成となります。

【代表直通】090-1917-7851
【電話番号/FAX】077-532-6264
【受付時間】9:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫ 
【対応エリア】草津市を中心に滋賀県の近隣エリアで活動中

一覧ページに戻る